気象環境調査

気象環境調査は、快適な環境作りを目指し、気象環境を分析する

大規模な建設工事や都市開発事業者など、地域周辺の環境に著しい変化を及ぼす事業を行う場合には、事前に事業者が自ら地域の環境状況を調査する必要があります。 その際、気象学の専門的な知識を持つ気象予報士が、環境調査を担当します。

このような気象環境調査は、「観測」「分析」「解析」「評価」といった流れで行われます。
事業者にはどのような観測方法で、どのような解析手段を用いて、どのように分析結果を評価すべきかなどについてアドバイスすることになります。

これらの仕事は資格がなくても行えますが、複雑な気象データを分析するためには気象に関する専門的な知識を有していなければならず、事業者も気象予報士に調査を依頼する傾向が高いといえます。

◆気象鑑定
事件や事故などの裁判において、気象条件が判断のポイントになった場合、気象鑑定が行われます。気象官署の観測資料、注意報・警報の発表状況などをもとに、簡単な気象現象を推定します。
気象台や側候所で発表された気象鑑定書で済まされることもありますが、込み入った事件などの場合は、裁判所から依頼を受けた鑑定人が裁判所に出廷し、公平に資料を収集分析し、最終的な鑑定書を提出します。
裁判の結果を左右する可能性がある鑑定である以上、経験豊富な気象学者や研究者、また実務者として予報官や気象予報士などがその任にあたることになります。