気象コンテンツサービス

新聞の天気図には、一般に100文字程度の解説文が付けられますが、これらの気象解説文を作成するのも気象予報士の仕事の一つです。 これらを書くには、気象学の知識だけではなく、読者を惹きつける文章センスも必要とされます。 最近では、インターネットのブログやメルマガなどのコンテンツとしても提供されます。

テレビやラジオで、ニュースの最後などにアナウンサーが読む気象の原稿も、民間の気象会社で作成されることが多くなっています。
この場合、放送局からは制限時間が指示され、気象会社はそれに収まるように原稿を作成することになります。

これらのコンテンツを作成するのに資格は必要ありませんが、気象会社は資格取得者が原稿を書いていることを売りにしている場合も多く、資格を取得していることが求められる傾向にあります。