気象コンサルティング

気象コンサルティングは、気象情報を顧客の業務に沿って提案する

様々な社会活動を行う上で、気象災害のリスクを減らし、安全で快適に過ごすためには、気象情報は必要不可欠です。 その情報を顧客に伝え、顧客の業務に沿った提案を行うのが気象コンサルティングという仕事です。

天候の影響や気象災害によるリスクと上手に付き合っていく必要があります。
そこで気象予報士は、これから起こりえる気象現象を予測し、リスクマネジメントをするためにはどうすればいいかを的確に顧客にアドバイスしなければなりません。

このようなリスクコミュニケーションを行うリスクコミュニケーターは、通常24時間の交替勤務制で気象現象を監視しています。
局地豪雨や落雷、突風など、異常気象が発生したり、発生が予測された場合には、顧客に気象情報を伝え、顧客の業務に沿った対策や企業活動を提案します。

◆リスクコミュニケーターの提案先
地方自治体の防災担当者、道路管理者、鉄道・船舶・航空の運行管理者など、気象に影響される業界を中心に、多岐にわたります。

◆リスクコミュニケーションに必要なこと
顧客と的確なリスクコミュニケーションを図るためには、顧客との信頼関係を築くことが大切。そのためには顧客先に出向いて、フェイストゥーフェイスで顧客の要望を聞き
気象現象に変化が見られたときに解説を行う機会を持つことが大切です。