お天気キャスター

お天気キャスターは、主にテレビ局やラジオ局での仕事

お天気キャスターは、テレビやラジオ、インターネットの動画配信などを利用して、天気予報や気象解説を行うことが仕事です。 各放送局へ出勤し、最新の気象データや解析資料をもとに自分で予測し、解説内容を組みたてます。 自分で原稿を作成する場合もありますが、様々な画像を用いて詳細な解説ができるように、あらかじめ放送原稿が準備されているケースも多くあります。

気象業務法では、気象現象の予測は気象予報士にしか許可されていませんが、気象解説や予報の発表そのものには資格が必要ないため、お天気キャスターの中には資格を持っていない人のいます。

ただ、日本列島は気象災害に直結しやすい天候が多く、視聴者に信頼性の高い情報を提供することが必要と考えられており、現在では、資格を持ったキャスターが主流となっています。
特定の気象会社に所属せず、フリーなかたちでキャスターを務めることも可能です。

◆お天気キャスターの仕事
●放送原稿の作成
必ずしも自分で作成するわけではありませんが、放送時間に気をつけながら原稿を作成します。放送時間の長いコーナーを担当するときには、季節の話題なども盛り込めるように、ふだんからアンテナを張っていなければなりません。

●解説の組み立て
テレビのお天気コーナーは、基本的にどのような流れで説明してもキャスターの自由です。したがって、その日の天気と翌日の予報を配慮し、どういう順序で解説していけば視聴者に伝わりやすいかを考える必要があります。

●番組でお天気解説を担当
実際の放送時間は数分で、長くても5分程度です。したがって、準備してきた原稿と組み立てで、わかりやすく聞き取りやすい解説をしなければなりません。
また、予報解説は単調になっていまいがちですので、視聴者を飽きさせない工夫も必要です。