気象予報士の仕事

気象予報士は、キャスターから環境調査まで、様々な仕事がある>

気象予報士の基本は気象データを分析し、気象現象を予測することです。 お天気やスターのイメージが強い気象予報士ですが、そのほかにも様々な仕事があります。

たとえば、顧客のニーズに合った気象情報を提供し、様々な支援を行う気象コンサルティングや、新聞やホームページなどへの気象解説の原稿を提供する気象コンテンツサービス、大規模な建設工事や都市開発事業などが行われる際などに、その地域の環境情報を調査する気象環境調査などが代表です。

どの仕事を行うにしても必要となるのは、気象データを分析し、起こり得る気象現象を予測する技術です。
この技術をもとに、気象保養しは情報提供を行い、気象予報士が提供した予測情報は、天候の影響を直接受ける第一次産業だけでなく、建設業に代表される第二次産業、観光やレジャーなどに関わる第三次産業まで、あらゆる業界で活用されています。

◆ウェザールーティング
どのルートが最も有利であるかを予測し、船舶に推薦するのがウェザールーティング。
ルートの選択は船長にゆだねられています。

◆ウェザーマーチャンダイジング
小売業やレジャー産業などにおいて、商品の売り上げやレジャー施設への入場者数が気象条件によって左右される場合に、気象条件に合わせて品揃えなどのアドバイスをするのが、ウェザーマーチャンダイジングです。
たとえば、「熱帯夜が続く夏は、ビヤホールの開店時間を早める」などといった具合です。