気象予報士のメリット

気象予報士は、気象現象の予測を行える業務独占資格を持つ国家資格

メディアからボランティア活動まで、幅広い分野で活躍できます。 気象予報士は気象業務法に定められた国家資格です。 予報業務許可事業者においては、特に気象現象などの予測は気象予報士に行わせなければならないと定められています。 これらは気象予報士の独占業務と言えるでしょう。

気象予報士にできることは法的には局地的な気象予測のみですが、気象予測技術を最大限に活かせれば、使う側の要望に応じた予測業務を行うことが可能です。
したがって、民間の気象会社はもちろん、天候の変化によって大きな影響を受ける他業界の企業でも、気象予報士を採用する事例が増えつつあります。

特にメディア関連はローカルニュースで地元の気象予報士を積極的に採用しています。
また、地域の防災活動において防災講演を行ったり、小中学校で防災や環境の授業を行ったりして、地域のボランティア活動に積極的に参加している気象予報士も増えてきています。

●業務独占と名称独占
業務独占とは、国家資格において、医師や弁護士などのように、資格取得者しか行えないことをいいます。
資格をもたないものが行えば違法となります。

名称独占は、資格取得者でなくてもその業務を行うことはできますが、その資格の名称や類似する名前を名乗ることが禁じられています。
理系の資格で有名な「技術士」は名称独占の資格です。

◆気象予報士のメリット

国家資格である
●気象関連の唯一の国家資格として信頼性が高い
●受験資格がなく、誰でも取得できる

独占業務がある
●気象現象などの予測は気象予報士にしか認められていない
●気象現象の予測を活かした様々な業務が可能

新規事業や防災に生かせる
●気象現象は生活に密接にかかわりがあるため、気象とそのほかの分野を組み合わせた事業が構築できる
●防災意識の高まりとともに、自治体や学校などで資格取得者が求められている

就職・転職に有利
●予報許可事業者は気象予報士に予測業務を行わせなければならないため、資格取得者が必須。
●予報の信頼性を高めるため、お天気キャスターにも資格取得者が求められている