気象予報士試験の学習法

気象予報士の学習をするスクール選び
気象予報士試験には、資格スクールによって通学講座や通信講座が開かれており、独学で学習する方法もあります。 学習方法を選択する際の主な決め手は、学習時間やかけられる費用などがありますが、それ以前に受験目的が何であるかが重要です。

仕事で1日も早く資格を取得したい人は、短期で合格する必要があるでしょうし、趣味で取得したいという人や知識を深めたいという人は、無理に急ぐ必要はないかもしれません。

講座を受けるのであれば、多少の費用はかかりますが、比較的短期間で合格に近づくことができます。
しかし、独学の場合は、試行錯誤しながら学習を進めることになるため、時間がかかります。受験回数が増えると独学もコストがかかってしまいます。

スクール選びと学習方法の特徴

●通学講座 
学習期間・・・主に6カ月~1年
費用・・・約7万円~40万円(コースや受講期間などにより様々)
特徴・・・学習のペースメーカーとなる。 学習意欲を維持しやすい。 費用がかかる

●通信講座
学習期間・・・主に6カ月~1年
費用・・・約7万円~40万円(コースや受講期間などにより様々)
特徴・・・通学講座と比べて費用が安価。生活に合わせて学習計画が立てられる。
     自己管理が必要。

●独学
学習期間・・・知識の有無や学習時間によって様々(5年かかることも)
費用・・・受験料+参考書代
特徴・・・生活にあわせて学習計画が立てられる。徹底した自己管理が必要。
     合格までの時間がかかりやすい