気象予報士資格試験の申込み方法

気象予報士試験は試験案内書を取り寄せ受験申請

気象予報士を受験するには、まず気象業務支援センターから試験案内書を取り寄せます。 取り寄せる方法は、インターネット、郵送、窓口からの三通りです。 試験案内書の頒布期間はどの方法でも同じですが、郵送の場合は、約1カ月前に予約することも可能です。

試験案内書が届いたら、試験に関する注意事項や受験申請書の記入方法をよく読み、受験申請を行います。

受験申請は、郵送するか窓口で直接行います。郵送の場合は締め切り日の消印まで有効です。また、窓口での申請書提出時間は申請期間中の祝日を除く月曜~金曜日の10~16時となっています。

年度ごとの試験日程については、毎年4月上旬頃に確定し、気象業務支援センターのHPに公示されますので、最新情報は確認しておきましょう。

◆受験票の送付
受験者は試験日の3週間ほど前に、個別に「受験票」が発送されます。万一、試験案内書に記載されている期日までに受験票が到着しない場合は、気象業務支援センター試験部まで連絡をすること。

◆試験案内書の入手方法
●年度ごとの試験日程の公示
毎年4月上旬頃に確定
気象業務支援センターのホームページや、全国の気象官署(管区気象台、地方気象台など)で試験要項を公示

●インターネットによる入手方法
請求開始:受験申請受付開始に約1カ月前から
請求方法:気象業務支援センターのHPの入力フォームに必要事項を入力すれば、案内書が郵送される。

●郵送による入手方法
請求開始:頒布開始の約1カ月前から予約ができる(ただし、案内書が郵送されるのは頒布が開始されてから)

請求方法:必要書類を同封し気象業務支援センター試験部あてに送付。
①角3号の返信用封筒
郵便番号、住所、氏名を記入し、切手を貼付(案内書1部は140円 速達410円)、2~3部の場合は、240円 速達510円、4~6部の場合は、390円 速達760円

②代金:1部につき200円の定額小為替(郵便局で購入し、各欄は無記名)

③メモ:氏名、電話番号、「第●●回試験案内書●部希望」と記入

送付先:〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-17東ネンビル
    財団法人気象業務支援センター試験部

◆窓口から直接入手する方法
受験申請受付開始の約1カ月前から、直接窓口に問い合わせて。