気象予報士の就職先

気象予報士気象予報士試験に合格して登録を済ませたら、日本気象予報士会に入会することをおすすめ!会に入会すると、気象会社に勤務する会員から情報を得たり、気象会社から募集の案内を入手したりすることができます。 東京では気象キャスターネットワークでも気象予報士を目指す人向けの講演会を開催しています。

会員相互のネットワークを広げれば、希望する職場が見つけやすくなり、予報技術の研さんにも役立ちます。
もちろん、資格スクールの卒業生であれば、スクールを通して職場を紹介してもらったり、派遣会社に登録したりして、職場を見つけることも可能です。

◆勤務形態について
職種によって大きく二つに分けられます。
お天気キャスターは番組にあわせて、1週間の同じ曜日、同じ時間帯に勤務。
決まった番組があるキャスターは、夏休みと年末年始のそれぞれ1週間程度しか休みがとれません。

予報業務に携わる気象予報士は、24時間365日、日勤と夜勤を一定のサイクルで繰り返す変形労働時間制の場合が多いようです。
台風や大雨のような異常気象時には、時間外勤務や休日出勤をしなければならないことも多々あります。

◆待遇について
お天気キャスターは能力や認知度によって支給額に差が出ます。
気象会社に勤務する場合は、月給のほかに何らかの出演手当が支給されるケースと、フリーランスの場合は、テレビ局やラジオ局と「出演番組1本あたりいくら」という契約をする場合になります。

予測業務に携わる気象予報士は、所属する会社によって異なりますが、最近では派遣社員や契約社員として採用されるケースも多いようです。
早朝勤務手当や深夜勤務手当が支給されたり、特別勤務手当が支給される場合もあります。
また、異常気象時には臨時で対応せざるを得ないため、かなりの残業手当が支給されるケースも見られます。

◆キャリアアップのしかた
気象会社にも多様なサービスが求められるようになり、キャリアアップのためには様々な分野に精通していることが大切です。
たとえば、環境や情報処理に関係する資格を取得したり、ほかの分野の知識を得たりして自らの価値を高めておくことが重要となります。

気象の知識と之君合わせ次第では、新たなビジネスを構築していくことも可能でしょう
ウィンドピロファイラーなどの新しい観測網が整備されたり、非静力学モデルが実用化されたりなど、日進月歩の世界であるため、日々の研さんも欠かせません。

せっかく取った気象予報士の資格が「ゴミ」にならないためにも、希望の職場を紹介してくれる専門の求人エージェントに登録しよう!
自分で就職先を探すと職安に出かけても、求人先は非常に限られているのが現状です。

エージェントが持っている非公開の求人案件には、マスコミ、空港、海運、防災や環境事業など国内だけではなくて、外国に拠点を置く企業や日本の現地法人まで豊富な求人件数があり、国際的にも仕事の領域を広げることも可能です。

当サイトで紹介する求人転職専門のエージェントでは、マスコミ、空港、防災などの国内外の法人と太いパイプを持っているキャリアコンサルタントが在籍しています。
あなたの希望に沿った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の書き方や添削、面接の受け方、面接に同行、入職から入職後の相談まで完全無料でサポートしてくれます。

▼豊富な求人数と内定実績の転職エージェントに登録▼