気象予報士の資格を考えている方へ

気象予報士とは気象情報を作成する気象のスペシャリストです。気象予報士と聞くと、真っ先にテレビやラジオでお天気コーナーを担当しているお天気キャスターを思い浮かべるかもしれません。気象現象は私達の生活と深いかかわりがあり、気象情報は経済、産業活動のあらゆる場面で利用されています。
気象予報士は、マスコミ・交通・流通産業・農漁業・観光・レジャー産業などのニーズが高い国家資格です。当サイトは、気象予報士の資格取得方法や、おすすめの通信講座についてのご紹介しています。

気象予報士の近道はユーキャン通信講座で!

気象予報士は国家資格であり、例年合格率が4~5%前後と、難関なレベルです。しかし、難関だからこそ、取得したあとは、多くの企業や周囲の人から必要とされる存在になります。気象予報士の試験は例年1月下旬と8月下旬に計2回あり、受験資格もなく、どなたでも挑戦することが可能です。 しかし、気象予報士試験の出題範囲は幅広く、聞きなれない用語もたくさん。初めての方やお忙しい方が合格を狙うには、的を絞った効率的な学習が必要です。

そのため、効率的な学習として「通信講座」「通学講座」がありますが、好きな時間にあなたのペースにあった学習ができる、通信講座がオススメです。ユーキャンの通信講座は受講生の82%が気象予報士を初めて学ぶ初学者。その理由は、初学者にも理解しやすい工夫が満載の教材で、基礎から効率よく合格を目指すことができます。

サポート体制についても、万が一の場合でも、その翌年の試験まで質問や添削指導サービスなどをご利用いただけますので、安心して再挑戦できますし、空いた時間にはスマホやPCからクイズ感覚で気軽にできるWEBテストやポイントを凝縮した動画解説が見られるインターネットサービスが好評です。

ユーキャンの気象予報士通信講座は、出題傾向を徹底分析。合格率も高く教材とサポートが充実しているから、初心者でも合格圏へ! –> ユーキャンの気象予報士講座

資料請求してもしつこい勧誘の電話など一切ありません。

気象予報士を目指せる大学・専門学校

気象予報士になるための学習方法として通信講座を受講して目指す方法と、大学や専門学校に通学して目指す方法があります。

気象予報士試験は学歴に関係なく受験できるので、社会人になってから目指す人もいますが、高校生のみなさまには、気象予報士に直接関係する専門知識をしっかりと身につけれる、気象学の講座を設置している地球惑星科学科や理系の教育学部・学科、あるいは地理学科などに入学し気象予報士を目指す選択肢があります。

スタディーサプリなら行きたい学校のパンフレットが無料請求できます!

気象予報士を目指せる大学一覧

地域 私立/公立 大学名・学部学科
東京 私立 国士舘大学・理工学部理工学科
東京 私立 日本大学・地球科学科
東京 私立 駒沢大学・地理学科
埼玉 私立 立正大学・環境システム学科
静岡 私立 常葉大学・社会環境学部
滋賀 私立 龍谷大学・理工学部環境ソリューション工学科
大阪 私立 大阪電気通信大学・環境科学科
岡山 私立 岡山理科大学・生物地球学部
広島 私立 広島工業大学・環境学部地球環境学科
福岡 私立 福岡大学・理学部

気象予報士を目指せる専門学校一覧

地域 専門学校 コース
大阪 専修学校 日本コンピュータ専門学校・気象予報士コース
大阪 専修学校 日本理工情報専門学校・情報システム科

気象予報士の将来性

気象予報士の将来性は、自然環境の変化や地球温暖化の影響で、これまでになかった現象も起こりつつあり、新しい変化に対応しながら、予報の精度を高めることにも注目が集まっています。そんな中で、気象に関する正しい情報を提供でき、アドバイスができる人材として、気象予報士のニーズは高まっています。